140名が参加し申し込みが多過ぎて立ち見も出たシークレットセミナー
デザイナーズアパート、高収益自主管理、テナントビル、廃墟再生系、高利回り戸建投資など
あらゆるジャンルの不動産投資の専門家による6時間の動画です
ご興味の方はこちらから
https://paymo.life/shops/2dd7611516/elIoAZyDGW

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

今回はリラックス法に関する豆知識を一つご紹介したいと思います

緊張して冷や汗をかく、心拍数が上がるこのような状態の場合

あなたの神経は交感神経が興奮しています

 

交感神経は自律神経なので自分の意志でコントロールする事が出来ません

しかし一つだけ自分の意志で交感神経をコントロールできる方法があるんです

 

それは呼吸

深く息を吸う事で交感神経の興奮を鎮める事が出来ます

 

よくストレスを感じた時に深くため息をしてしまいませんか?

これは体が無意識のレベルで息を深く吐いて

交感神経を鎮めようとしているんですね

 

ところで

戸建投資で物件を探している時に良い物件情報が来たとします

「お宝物件情報来たー!」

 

早速現地に内見に行きたいところですが

スケジュールはビッチリ!

サラリーマンの方は仕事で内見に行く時間も取れないですよね

 

私もそんな事が多々ありました。

そんな時に私がどうしたか?というと

 

物件見ないで買い付けを入れていたんですね

そして買い付け証明書にこのような文言をいれました

「但し後日内見し大きな瑕疵など無ければ購入します」

 

ただ私はこの方法は全く推奨していません

なぜなら物件見ないで買い付けを入れた場合でも

結局その後内見をさせてもらいます

 

その際に

「やっぱり買うのやめます」

となってしまうと業者さんとの関係性が悪化する可能性があるんですよね

 

または業者さんによっては

「後日内見して大きな瑕疵がなければ購入します」このような文言が入っている時点で

正式な買い付けと認めてくれない所もあります

 

私も以前戸建物件にこのような買い付けを入れて明らかに一番手でしたが

結局内見後に購入の判断をするという事で買い付けとして認められませんでした。

(ただその物件に関しては買い上がって無理矢理購入しました笑)

 

なので結局良い物件情報が出たら基本は会社を半日休んででも内見に行った方がベターですね

アパートなど一棟物ではこのような物件見ないで買いつけ入れるなんて事は結構日常茶飯事に行われていて

内見前に買い付けを入れる事は決して珍しくはありません

 

しかし戸建の売買では基本内見してから買い付けを入れるのが常識なので

基本は内見後に買い付けは入れるようにしましょう

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング