いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

物件購入後には火災保険に加入しなければいけません

皆さんはどのような火災保険に加入されていますか?

 

特に築古物件を所有していると台風などの強風で被害が生じやすいので

必ず火災保険には加入しておく必要がありますよね

 

まず私は共済系の火災保険はあまりお勧めできません

共済系の火災共済は保険料が安いので

私も以前全労済の火災共済に加入していたのですが

 

まず

火災保険の申請が面倒すぎます(汗)

 

まず申請する際に罹災証明書を役所で取得する必要があります

これは役所に被害届を出して受理されるまで時間もかかります

 

その後申請をするわけですが

申請をしたら必ず現地調査が入ります

 

これは一般の火災保険では高額請求の場合にのみ行われるのですが

全労済は15万程度の少額請求でも来ました

 

そして決定的だったのが

以前に物件購入後のリフォームをしている際に

強風で雨どいが破損した事がありました。

(当然物件購入後なので空室の状態でした)

 

その時にリフォーム業者さんがそれを発見し私に知らせてくれました

私も早速全労済に保険請求をしたのですが

 

思わぬ返答で受理されませんでした

 

空室期間中は保険適応にはならない

 

これが致命的でした

 

なぜなら

戸建の場合賃貸は1か0です。

 

もし退去後の空室期間中に

放火などで火災になったら?

地震で倒壊したら?

台風で浸水したら?

 

一銭も入ってこない訳です

 

ですから火災保険は民間損保がお勧めです

 

保険にも色々なタイプやオプションがあります

それに関しては私の場合は保証範囲が広いものにしています

 

地震は勿論破損汚損までカバーできるタイプのものです

 

でも保証範囲の広い保険に加入すると

年間の保険料が高くなってしまいますよね

 

実はこの年間の保険料を安くする方法があります

それは物件の評価額を下げるだけです

 

火災保険の保険料は物件の評価額で決まります

その評価額は再調達価格と言って

もう一回新築で建て直す際にかかる費用で計算されているんですね

 

なので300万で買った戸建が1000万の評価が出ていたりします

正直そんなに評価要らないですよね

 

なので私は評価額を600万位まで下げています

 

この場合は保険申請した際の受け取る保険金の額が減ってしまうのでは?

と思われる方もいると思います

 

確かに火災や地震の被害にあって全損や半損になった際は評価額に応じた保険金が支払われると思いますが

風災などで被害が生じた時は基本請求した金額で保険金が支払われています

 

保険に関しても知っているか知っていないかで大きな違いが生じてくるので

しっかり勉強しておきたいですね

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング