いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私の実の弟は大手の不動産会社で働いています

そのように言うと

「身内に業者がいると仕入れで有利ですね」

と言われますが

 

私の弟は不動産投資に全く興味がありません

それこそ私が不動産投資を始めた7年前に弟を誘いましたが答えは

「NO」です

 

なのでそれ以降弟と話しても不動産の話をする事はほとんどありません

 

不動産業者さんは仕入れに関してかなり有利です

それにも関わらず不動産投資をしている不動産業者さんって少ないですよね

 

私は以前に業者さんに

「なぜ不動産投資をしないのか?」

聞いたことがあります

 

その時の答えが

「私たちは仕入れたら売ってしまうので

所有して賃貸に出す発想が無いんですよね」

と言っていました。

 

これはどういうことかというと

不動産業者さんの仕事は基本物件の仲介もしくは売買です

 

仲介の場合は売り物件を所有者から預かってそれを販売する事で

その仲介手数料が報酬になります

 

売買の場合は売主から買い取って、利益を乗せて売却する事で利益を得ます

 

業者さんの収入って主にこの2パターンなんですよね

なので自社で所有して貸し出してその賃料収入を得る発想がほとんど無いんです

 

収益専門業者さんが賃貸物件の売主になっている事がありますが

これも転売用で仕入れている訳なので

大家としてずっと所有していたわけでは無いですよね

 

なので不動産業者さんと我々大家(不動産賃貸業)ではビジネスモデルが全く異なる訳です

 

業者さんは物件を見た時に転売での利益を考えますが

私達大家は賃貸に貸し出して賃料収入を得る事を考えます

このギャップが不動産業者さんが不動産投資をしない理由なんですね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング