いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

賃貸の募集をしていると家賃交渉される事もしばしばあります

 

そこであまり反響が良く無ければ賃料を下げてでも

ついつい入居させてしまいたくなりますよね

 

でもそれは止めておいた方が良いです

安易に賃下げ交渉に乗ってはいけません

 

特に戸建の場合はその賃料が物件の利回りとなります

アパートでは複数戸あり一部屋の賃料を下げても大幅な利回り低下になりませんが

戸建の場合は1か0なのでその影響がもろに出るんですよね

 

これは賃料収入に限った事ではありません

物件の利回りは売却時にも影響が出ます。

 

特に投資家に売却する場合は

オーナーチェンジ(賃貸付きの状態)で売却する事になると思いますが

その際に投資家である買主はかなり利回りを意識して見ています

 

恐らくあなた自身も投資家だと思うので

その気持ちは良く分かりますよね

 

例えば

賃料5.5万で募集している物件を賃料5万円で家賃交渉が入ったとします

この物件を利回り14%で売りに出します

5.5万の方は471万ですが

賃料5万円では428万円です

 

この差は43万円になります

これって結構デカいですよね

 

なので賃貸募集をする際に賃料下げる事で他物件と差別化するのは

あまり良い戦略ではありません

 

競争が激しいエリアでは賃下げ競争が起こって

エリア全体の賃料を下げる事にもなりかねないですよね

 

他にも差別化する方法はいくらでもあると思います

ソフト面では賃料以外にも敷金礼金、フリーレント、広告費など

他にもいじれる所はあります

 

あとはペット可にする方法もありますね

モデルルーム化して物件の見栄えを良くして

ネットの反響が増える事例もあります

 

募集方法でもウチコミやジモティを使って

大家自ら賃貸の募集を行って仲介手数料無料で打ち出せば

より多くの反響が取れると思います

 

単純に賃料を下げる以外にも色々方法はありそうですね

家賃交渉に乗る前に他の方法を模索しても良いと思いますよ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング