いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

戸建投資の場合は

賃貸付きはオーナーチェンジで投資家に売却が可能ですし

空き室の状態であれば実需にも売却が出来る

※実需とは投資目的では無くマイホームとして住まわれる方

 

この売却の間口の広さも戸建投資の魅力の一つですよね

 

今回は実需に売却する際のポイントに関してお話ししたいと思います

 

私は以前に業者の友人と共同出資で転売も行っていたので

戸建を実需に売却した経験も何度かあります

 

まず実需の特徴として

リフォームに関する知識が無い

という事があります

 

これが非常に重要なポイントです

 

例えば

こんな修理が必要なボロ屋があったとします

※写真はイメージです

相場よりも圧倒的に安い!

それこそ転売益すら見込める

 

でもこんな物件は実需の方は絶対購入しないです

 

なぜなら実需の方はリフォームするのに

どれ位の費用がかかるものなのか?

リフォーム後はどんな感じになるのか?

イメージする事が出来ないからです。

 

なので実需に売却する場合のポイントは

カッチリ!リフォームしてあげて

完璧に仕上がった状態で売りに出す事です

 

私の場合賃貸に貸し出す際はコスパをかなり意識してリフォームします

例えば

賃貸に貸し出す場合はキッチンやお風呂の水栓なんかも多少汚くても使えれば交換などしません

(シャワーホースやヘッドは安いので交換します、これはまだやっていませんが・・・)

しかし実需への売却の場合はピッカピカの新品の水栓に交換します

 

実需の方は住宅ローンが使えるので多少の価格が高くなっても

そこまで気にはしません

 

なぜなら融資期間も35年くらいで取れますし

(高齢の場合は当然もっと短い融資期間となります)

金利も安いので、価格が上がってもそこまで毎月の返済額に差が出るわけでは無いんですね

 

ですから実需への売却をする際のリフォームは

多少お金かけても売却価格への上乗せが可能なので

しっかりリフォームした方が良いですよ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング