いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

これから投資を始められる方の話を聞いていると

 

自己資金に余裕がある方は

「まずは数戸現金で戸建を買い進めて、その後融資を引いて購入していきたい」

とおっしゃられる方が結構多いんですよね

 

恐らく借り入れに対する恐怖感というものがあるのかもしれません

やっぱり最初は借金なんて背負いたくないですよね

 

でも不動産投資というのは

そもそも借金ありきのビジネスモデル

 

恐らく融資が使えなければ多くの人が不動産投資出来ないと思います

 

なので私はこの話を聞いた時に思うのが

「なぜ最初から融資を使わないのか?」

 

自己資金に余裕があっても数棟買った所で自己資金は底をつきます

 

じゃあそこで超お宝戸建をネットで見つけました

価格は300万円

 

しかし自己資金は200万しかありません

「良し!融資を引いて購入しよう!」

 

融資を引いて購入するなんて売主さんが待ってはくれません

その間に現金買いの購入者にかっさらわれてしまいます

 

先日も私のコンサル生が198万円で物件を購入していましたが

問い合わせが殺到していたそうです

当然そのような物件で融資利用なんて出来ないですよね

 

また融資を引こうと考えた場合

例えば自己資金が2000万→200万に減っていたとすると

どっちの方が融資を引き易いですか?

 

当然借り入れがあったとしても

キャッシュで2000万持っている方が融資を引き易いです

 

無抵当の物件も当然評価はされますが

戸建投資では主に築古が対象になるので

耐用年数のオーバーの物件は評価も出にくいです

 

もし仮に換金したいと考えた場合も

物件の売却をするのには数カ月はかかってしまいます

なので資産としては

固定資産よりも流動資産の方が圧倒的に有利

※流動資産とは現金預金や有価証券など換金性の高い資産

 

<まとめ>

戸建投資の決済は現金決済が基本

融資を引く事が出来るタイミングは限られるので

融資を使える場合は積極的に利用していく事をお勧めします

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング

PS

金利1.5%のありえない融資で利回り19%の満室経営をする方法

「まずは、アパート一棟、買いなさい!」の著者である石原博光さんが

本や雑誌、セミナーでは絶対に言えない最新の不動産投資ノウハウを公開されています

実は私が不動産投資を始めたのはプライベートで石原さんとお会いしたからなんですよね

 

石原さんは現在アメリカに移住されているので日本でセミナー活動は行われていません

なので現在日本で石原さんのセミナーを聞けるチャンスはほとんど無いんですよね

こちらの教材には7時間にわたって石原さんの動画コンテンツが収録されています

http://bit.ly/2KdC1tZ