いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

投資用の戸建を探している時に

業者さんに問い合わせると

めちゃくちゃやる気無い対応された事ありませんか?

 

「この人本当に売る気あるのかな?」

って思いますよね

 

私は今までそのような経験が何度もあります

その当時は

「売却できれば仲介手数料が入って売り上げが立つわけなのに

なんでこの人は売りたくないのかな?」

と疑問に思っていました

 

しかし今はその意味が理解出来ます

多分その業者さんは本当に売る気が無いのだと思います

 

地方の戸建は安いものになると価格は100万とか200万とか普通にあります

そういう物件は大体がボロ物件

なんかしらの問題がある事が多いです

 

このような安い物件を普通の人が買うとどうなるのかというと

物件購入後に不具合が発生して業者さんに文句を言います

 

しかも100万、200万の物件の仲介手数料なんてたかが知れています

物件価格が高くても安くてもやる事はほとんど同じ

だったら価格が高い物件の仲介をやりたいのが業者さんの本音です

 

ボロ物件の場合は仲介手数料は低くて、しかも売却後にトラブルが起こりやすい

なので業者さんは物件を売る気が無いんです

やる気が無いんですね

 

特に不動産に精通していないような素人には売りたくないんです

まして「自分は客だ」みたいに勘違いしている客は本当に相手にされないでしょうね

 

もしそのような物件を紹介するなら同じ業者であったり

ボロをやり慣れている投資家、以前に同じような物件購入したお客さんです

 

そういう人ならリスクを織り込み済みで購入するので後々トラブルになる事もありません

 

なので安い物件を紹介してもらいたい場合は

このような業者さんの心理を理解する必要があると思います

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング