いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

空き家を買って賃貸転用するためには

リフォームして賃貸の客付けをします

 

その際リフォーム後の賃貸客付け用の写真を

仲介業者さん任せにしていませんか?

 

これは2つの意味で絶対にやめた方が良いですよ

 

まず1つ目の理由

仲介業者さんの取る写真はセンスが悪い事の方が多いです

(こんなこと言ったら仲介業者さんに怒られそうですが)

 

ネットの物件情報見てみると

「よくこんな写真を掲載しているな」

っていうの結構多いですよ

 

今は問い合わせのほとんどがネット経由で来ると言われています

ネットの物件情報で最も訴求力が高いのが物件の写真

 

 

これがおざなりになってしまえば

問い合わせ件数自体が減ってしまいます

 

なのでしっかり自分でイケてる物件写真を撮るようにしましょう

 

そしてもう一つの理由が

売却時にもその写真を使うからです

 

賃貸用の戸建を売却する場合

賃貸中であればオーナーチェンジの状態で売りに出します

 

その際に賃貸中であれば当然

物件購入される方は内見が出来ません

そこで参考にするのが入居前の室内の写真

その写真を仲介業者さんに撮らせていたら

手元に写真が残らない訳なので

最悪入居前の写真が一枚も無い

なんて可能性もある訳ですよね

 

もし残っていたとしても

仲介業者さんが撮ったイケてない写真の場合

その写真の影響で売りづらくなってしまうかもしれません

それ位写真の影響って大きいです

 

ですのでリフォーム後の物件写真は

しっかりイケてる写真を撮って手元に保存しておきましょう

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング