いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

安い戸建物件を探していると

どうしても築40年とか50年の物件になってしまいがち

 

そんな経験無いですか?

 

特に都市部の高積算の物件を狙うとそんな感じになりますよね

じゃあこのような物件を購入する時

どんな事に注意しなければいけないでしょうか?

 

ここで注意した方が良いのが

リフォーム費用

築古の戸建物件はリフォーム費用が嵩みます

 

安く物件購入したとしても

リフォームで食われてしまっては利益が出なくなってしまいます

 

特に投資初心者の方がこのパターンで利益が出ていない人が結構います

 

正直リフォームを業者丸投げの状態で

築古ボロ物件をリフォームしてもらうと

かなりの金額になってしまうと思いますよ

 

古びたキッチンをシステムキッチンに

ボロイお風呂をユニットバスに

 

こんなリフォームしていたら

それだけで100万コースです(^^;

 

例えば古びたキッチンでも意外とまだまだ使えたりします

写真ではわかりづらいですがコンロは焦げがこびり付き

シンクも錆びていました

 

これがローコストリフォームでもこんな感じに生まれ変わります

コンロはプロパンガス屋にシンクの錆びは研磨する事で落とすことが出来ました

棚や扉にはリメイクシートを貼る事で大きく印象が変わっています

 

このリフォーム

コンロはプロパンガス屋さんに無料支給、錆び取は業者さんのサービス

リメイクシート貼りを業者さんにお願いしたので

施工費で35000円

 

安っ!( ゚Д゚)

今回は業者さんに施工をお願いしましたが

リメイクシートはホームセンターで売っているので

自分でやればもっとコストを抑える事が出来ます

 

普通システムキッチンに入れ替えるリフォームが20万かかりますから

大きなコストの差ですよね

 

このようにリフォームも知っているか知っていないかで大きな違いがあります

このようなノウハウが無い状態で築古ボロ戸建を購入するのは危険ですね

 

もしやるならノウハウがある人の助言を受けながらリフォームを進めるのが良いと思いますよ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング