いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

世の中の多くの人は

「みんながやっている物をやりたがる傾向にあります」

 

例えば数年前の不動産投資ブーム

多くのサラリーマンが不動産投資に新規で参入してきました

 

そのような時は当然

物件価格が上昇します

 

 

買いたい人がたくさんいるので

当然高くても売れるわけですから物の価格は上がります

 

何でもそうです。

 

でもそのような買い方をしていれば必ず損をします

高値掴みをしてしまいますからね

 

不動産の価格には周期性があるので

高いところで買ってしまえば

そのうちに融資が引き締まり

価格が下がって

含み損を抱える事になります

 

私は投資やビジネスをする時は必ず

参入障壁を意識したほうが良いと思っています

 

参入障壁が低い投資は儲からない

参入障壁が高い投資は利益が出やすい

 

だから参入障壁が低いのに儲かる

という話を聞いた時は

疑いを持った方が良いです

 

自分だから出来る事

もしくは普通の人がやらない事を

ヤルことで利益が出やすくなります

 

例えば

現在融資が引き締まっていますね

 

なので地方の物件は売れにくくなっています

特に耐用年数オーバーの築古の案件なんかは厳しいですよね

 

そんな時にその地方に住んでいる投資家には

大きなアドバンテージがあります

なぜなら地元の地銀や信金信組が使えるからです

 

このような金融機関も融資が厳しくなってきているのは同じなのですが

中には未だに融資に積極的な所もあります

 

そのような金融機関から融資を引いて物件購入出来れば

底値で物件を仕込むことが出来て

また融資が緩くなった場面でイグジット(売却)を取れば

利益が見込めます

 

このように自分には出来て他の人には出来ない事

にフォーカスを当てて投資やビジネスをするとチャンスがあるのかと思います

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング