いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

今年は台風が多かったですね

私の物件でも被害がありましたが保険にしっかり入っていたので無事修繕する事が出来ました

 

そこで今回保険申請をされた方の話を聞いていて思った事があります

 

それは共済系の火災保険の減額率が高かった事

 

私の周りで保険申請された方で

民間損保の火災保険に加入している人は

ほぼほぼ見積もり通りの請求が通っています

特に減額も無く保険金が出ることが多かったのですが

 

火災共済の人はかなりの確率で減額されているんですね

 

実は私も以前は共済系の全〇済に加入していました

 

共済系の火災保険は保険料が安いというメリットがあります

私が所有する戸建は物件価格も低いので

安価の保険で十分と思っていたんですね

 

しかし私は今全〇済は全くおすすめしていません

それはなぜかというと

 

私が以前購入後に物件のリフォームをしていた時です

その時台風が来て雨樋が外れてしまったんですね

 

それを保険請求したのですが

その時にこんな事を言われたんです

 

「空室の場合保険請求の対象になりません」

戸建の場合は1か0です

退去後には必ず人が住んでいない状態が発生します

その際に台風など自然災害にあった時に

全〇済では保険金が一切出ないんですね

 

これでは保険に入っている意味がありません

その時10件近く全〇済の火災共済に入っていたのですが

全て民間損保の火災保険に切り替えました

 

火災保険は不動産投資のリスクヘッジでとても重要なもの

しかしただ入っているだけは意味がありません

 

その活用方法について知っているかいないかで

大きな違いが出てきます

なので不動産投資をする場合はその活用方法に関しても

しっかり理解しておく必要がありますね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング