いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

先日管理会社からこんなメールが来ました

「○○貸家の契約が更新になります。更新する際の契約内容は今まで通りで問題ないでしょうか?」

 

いたって普通な賃貸契約更新の連絡だったんですね

 

しかし

私はこの連絡が来ると少しドキドキしてしまいます

なぜならこの更新のタイミングは解約になりやすいからです

 

なぜ契約の更新が退去の原因となってしまうのか?

 

入居者さんは契約の更新時に更新料を支払います

これは賃料の一か月分

つまり更新月に関しては賃料2か月分支払わなければいけないんですよね

 

これって結構な負担だと思います

なのでどうせ退去するなら更新のタイミングで退去しようと考える訳です

 

その時の対応に関して今回はお話ししますね

まず退去の連絡が入った際は理由を聞きます

その理由に応じて対応は変わってきます

中には「家を買ったとか」「勤務先が変わったので」

などこちらの努力ではどうにもならない理由があります

この場合はどうしようもありません

 

しかし私が以前に経験した例でいうと

「退去を検討している。もしくは賃料を下げて欲しい」

このように言って来る入居者さんもいました

 

当然そのまま突っぱねてしまえば退去となるので対応が必要ですよね

ただ賃料を下げてしまえば月々の賃料収入が減ってしまう他

物件売却時の利回りが下がるので売却価格にも影響します

 

なので私は賃料交渉には基本応じないスタイルです

ではこの時はどうしたのかというと

 

更新料を無しにしました

 

この時は更新料を無しにする事で入居者さんに納得して頂いて

無事契約を更新する事が出来たんですよね

 

ただこの更新料ですが基本管理会社さんと大家さんで折半するもの

なのでこの時は管理会社さんにお願いして更新料を我慢して頂きました。

ですので更新料なしにする場合は管理会社さんに相談が必要です

 

以上の事から更新のタイミングは解約になりやすいです

退去となれば数カ月の空室期間、退去後の原状回復リフォームを考えれば数十万のロスになります

 

ですから最初から更新料なしにしてしまうのも一つの手ですね

もし退去の連絡が来た場合

理由にもよりますが多少の出費で退去を防げれば結果

そっちの方がコストは安く収まるケースの方が多いと思います

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング