いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私は地方の築古戸建を購入する時に注意しているポイントがあります

この事は業者さんから継続して物件紹介してもらうために重要な事かと思います

 

私が地方の築古戸建を購入する時に意識しているのは

あまり細かい事は言わないという事です

 

業者さんに一番嫌われてしまうのはこんな方です

色々注文を付けて業者さんに調べさせた挙句に買わない人

 

こんな人は嫌われます

二度と物件紹介などされないでしょう

 

これが数千万円の家とかなら業者さんも仕方ないと思ってくれるかもしれません

しかし私たちが買っているのは200~300万の築古戸建です

 

仲介手数料は物件価格に比例します

当然業者さんへの実入りは少なくなくなりますが

売買契約書、重説を作ったり物件を売却する際の手間や労力は

物件が高くても安くても変わりません。

 

これが激安ボロ物件が一般の方に紹介されない理由の一つです

業者さんは素人にボロ物件売って後々面倒な事になるのが嫌なんです

 

ボロ物件は購入後に当然不具合が出る可能性があります

安い実入りで仲介しているのに

その上購入後に文句まで言われたらたまらない

と思っているんですよね

 

ですから慣れた投資家や他の業者さんにこのような案件は回ってきます

このような人はそういった事情は良く理解していますので

決してうるさい事は言ったりしません

 

多分投資初期の頃に皆さん業者さんに問い合わせをして

「この業者さん売る気あるのかな?」

と思った事ありませんか?

私はこんな経験めちゃくちゃあります

それにはこういった理由もあるんですよね

 

なので色々細かい事は言わないというのは

継続して業者さんと付き合っていく上では大事な事だと思います

 

今はネットで色々リサーチも出来ます

なので業者さんの手を煩わせずに出来る事は自分でやるようにしましょうね

 

「物件調査時に使えるサイトの一覧」

こちらのLINEに登録して頂けた方にプレゼントしていますので

良かったら登録してください♪

 

友だち追加

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング