いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

昨日は物販×不動産投資をやっている友人達と飲んでいました

物販で独自商品をプロデュースし販売している人がいれば

OEMで中国の工場で商品を製造し販売する人もいて

とても勉強になる飲み会でしたね

 

ところで私自身もそうですが私の周りでは

このような形で物販×不動産をやっている人が結構います

もしくは不動産投資から民泊へ派生させていく人もいたりしますね

 

ではなぜこのような形で不動産だけでは無く

他の事業を展開していくんでしょうか?

 

その理由の一つとして複数の収入源を確保するという事があると思います

やはり収入源を一つに依存してしまう事はリスクです

 

今後人口が減少していく日本の社会で不動産賃貸業は決して安泰なビジネスではありません

もし仮に脱サラして不動産しか収入源が無ければ

不動産で稼げなくなった時に生活していく事が出来ません

 

でもそこで他に収入の柱があれば

そこでバランスしていく事が出来ますよね

 

また不動産はストック型のビジネスモデルです

家賃収入という定期的な収入が入ってきますが他のビジネス程利益率は高くはありません

 

不動産で利回り20%というと高い利回りに感じますが

リアルビジネスでは大した利回りではないんです

 

一方物販はフロー型のビジネスモデルです

利益率が高いですが、不動産の賃料収入程安定感はありません

 

なのでこの2つのビジネスモデルはお互いに無いものを補完できるので

相性が良いんですよね

 

民泊に関しても同じような事が言えると思います

賃貸業のように不動産という箱を用いる点は同じですが

賃料収入というチャリンチャリンビジネスでは無くて

毎回集客して宿泊料を得るというフロー型ビジネスです

 

ターゲットもレジデンスと宿泊客では全く異なるので

民泊と賃貸業は似ているようで全然別のビジネスです

 

なので人口減で不動産賃貸業が衰退しても

インバウンドなどの宿泊客を取り込める民泊は生き残れる可能性がある訳ですね

 

民泊も物販同様のフロー型ビジネスモデルです

なので利益率は高いですが安定感では賃貸業にかないません

 

考えは人それぞれなので全く押し付けるつもりもありません

新しいことを始めるにはリスクもありますし

たくさんのエネルギーを使います

 

ただ個人的にはもし仮に不動産で脱サラして給与所得が無い状態となるなら

もう一つ位は収入源を作っておいた方が良いと思いますよ

脱サラすれば時間もたくさん出来ますからね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング