いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

自分が住む家も一つの不動産

不動産投資家はどんなマイホームを所有し住んでいるのでしょうか

 

一般の人であればやはり自分が住みたいマイホームのビジョンを持っていたりしますよね

 

庭が付いていたりウッドデッキがあってバーベキューが出来たり

もしくはタワーマンションに住んでリッチな気分を味わいたいなど

 

私が知る限る不動産投資家がマイホームを購入する時に

重視する一つのポイントがあります

 

それは相場よりも安く購入するという事です

 

やはり不動産投資家としての習性が染みついているんですね

 

最終的な出口を意識して相場よりも割安な物件を購入される方が多いです

 

あとは賃貸併用住宅ですね

賃貸併用に住んでいる投資家さんも多いです

 

基本賃貸併用住宅は利益を出すというよりも

賃料で住宅ローンを返済するイメージですね

そのためタダで家に住めます

 

私は賃貸併用は投資初期の方には結構お勧めで

賃貸の実績も作りつつ

生活費の中でも大きな割合を占める住居費を節約する事が出来ます

 

このように不動産投資家は一般的な人とマイホームに対する考え方が違います

 

でも私はそのような不動産投資家のマイホーム観が

決して正解ではないと思っています

 

自分が住む家くらい自分が住みたいと思う家に住みたくないですか?

 

相場以下で買うとか住居費を抑えるといった考えも大事なのはわかります

でもそのような制限が入ってしまうと決して自分が住みたいと思うような家には住めません。

 

コスパを意識して自分が住む住居を選ぶ気持ちもわかりますが

私は自分の住む家、自分が住む環境がが自分に与える影響って非常に大きいと思うんですよね

 

年収は住むところで決まるという本があるくらいです

https://amzn.to/2T4cv1d

 

コスパを意識してマイホームを買うよりも

自分が住みたい家、住みたい環境のマイホームに住んだ方が

心身ともに充実して

仕事やビジネスでいいパフォーマンスが出せる可能性もあります

 

結果自分が住みたい家に住んだ方が費用対効果が良いという考えも出来まよね

 

そんな訳で私は自分が住みたい家を購入しました

その結果田舎の割に結構費用がかかってしまいましたが

屋根に太陽光パネルのっけてちゃっかり売電収入を得ているのは

やっぱり投資家の習性かもしれませんね(笑)

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング