いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

良い物件を買うには業者さんとの付き合いは非常に大事です

なので業者さんに嫌われてしまうような人は良い物件を紹介してもらえません

 

ではどんな人が業者さんに嫌われてしまうのか?

私が実際に売買仲介業者さんから以前聞いた話を紹介しますね

 

まず買うのか買わないのかハッキリしない

優柔不断な人

 

このような人に物件はまず紹介しないそうです

なぜなら良い物件を紹介しても決断が出来ないからです

良い物件はスピード勝負なので

このような人に紹介しているだけ時間の無駄です

 

良い物件であれば即断して買ってくれる投資家は幾らでもいるので

当然そちらに流れていくんですね

 

なので良い物件を買うためにはしっかりと勉強して

良い物件なのかどうなのか判断できるようになっておく必要もありますね

 

同様の理由で紹介しても融資が通らなそうな人も

案件は紹介してもらえません。

この場合は嫌われている訳ではありませんが

やはり確実に買える人の方に物件情報は流れていきます

 

そして次に嫌われてしまうのが

神経質な人

 

神経質な人は色々細かい事を気にするので

「アレはどうなっているのか?」とか

「ここはどうなっているのか?」など質問が多いそうです

 

個人的にそれが悪い事だとは思いません

物件購入する際は徹底的にリサーチすべきだと思います

 

ただ細かい事が気になるのであれば

何でもかんでも業者さんに聞くのでは無く

ある程度は自分で調べた方が良いですね

 

やっぱり業者さんもあれこれ細かい事を聞かれて結局買わないだと嫌な気分になります

 

特に単価が低い物件を買う場合は注意が必要で

なぜなら業者さんに入る仲介手数料が安くなるからです

でも物件を売る手間は高かろうが安かろうが一緒

 

今後もその業者さんと付き合っていきたいなら

なるべく手間をかけさせないような配慮が必要ですね

 

あと言わずもがな「自分はお客さん的な」横柄な態度の人は論外

 

以上が業者さんに嫌われてしまう人の特徴です

ただこれって自分が逆の立場であれば納得できるというか当たり前の事なので

業者さんの気持ちを考えて接する必要があると思います

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング