いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

戸建投資で安い物件を探していると本当に色々な物件に出会います

色々な問題を抱えた物件があるのですが

近年特に多いのが孤独死があった物件です

 

やはり高齢者社会の日本では独居で暮らす高齢者の数は増えていて

その場合は自宅で亡くなるケースもあるんですよね

 

年間孤独死で亡くなられる方は3万人

100人に一人の割合いだそうです

 

そういった物件が売りに出されている訳なのですが

そのような物件は通常よりも安く売りに出されます。

 

ではなぜ通常よりも安く売りに出されるのか?

 

人によっては

「人が亡くなっていない土地など無いし

自宅で自然死で亡くなられるのは特に問題無いのでは?」

と考えられる方もいます

 

告知義務というのがあって自殺他殺などは告知義務が発生します

告知を行わないとルール違反となってしまうからなんですね

 

でも孤独死の場合は特に告知義務はありません

 

しかし告知されない事は絶対にないんですよね

孤独死があった物件は必ず事前に知らされます

それは売買でも仲介でも同じです

 

なぜなら仮に物件購入後にご近所から

「その物件実は・・・」

みたいな形で話を聞いたら必ずクレームになりますよね

 

この前賃貸の仲介さんに聞きましたが

「仮に当日発見、対応された場合であったとしても

借主さんには孤独死は必ずお知らせしています」

と言っていました。

 

賃貸の仲介さんは借主さんからダイレクトにクレームを受ける事になるので当然ですね

 

なので孤独死の物件を購入し賃貸に転用する場合

通常の賃料では客付け出来ません

 

大体賃料の7掛け程度と言われています

そうなるとその分だけ安く仕入れ無ければ利益が出なくなってしまいますよね

 

賃貸で何回転かさせれば通常料金に戻せるとは言いますが

そのためには長い年月がかかります

 

もし孤独死の物件を購入される場合はその点も考慮してから買うようにしましょう

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング