いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

現在は融資の引き締めで収益物件の価格が落ち込んでいます

人によっては高値掴みをしてしまい

現在含み損を抱えている人もいるかもしれません

 

そんな方でも運営がしっかり出来ていれば融資情勢は巡回するので

また融資が開いた時に売却して出口を取れば良いと思います

 

収益物件は融資情勢に価格が左右されるという特徴があるんですね

私は7年不動産投資をしていますが収益物件の価格は上下します

じゃあ戸建はどうなのかというと

戸建の価格は変化しません

 

7年間戸建の相場はずっとウォッチしていますが

特に価格相場に変化は無いんですよね

 

確かに投資家の参入で安い物件が早くなくなってしまう印象はあります

しかし物件価格が上がった実感はありません

 

これはなぜかというと

戸建は基本実需の市場だからです

投資用の融資が引き締まれば収益物件の価格は下がります

数千万の物件を融資無しで買える人は限られますからね

買える人が減るので当然です

 

でも住宅ローンは引き締まらないですよね

実需の方は住宅ローンが使えます

投資用の融資が引き締まろうが実需の人には関係ありません

 

なので戸建の価格は安定しているんです

値崩れする事が無いんですね

 

特に地方の戸建であれば数百万で購入できるので

リスクが少ないですし

価格の変動が少ないので高値掴みをしづらいメリットがあります

 

なので投資初心者の方やキャッシュはあるが融資が締まって物件買えない人

なんかにはもってこいの投資法ですね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング