いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私はセミナーなどで本当に安く戸建を仕上げたいのであれば

オーナーチェンジは買うべきでは無い

と言っています。

 

なぜならオーナーチェンジの売り物件は

投資家の利益が乗っているから

 

当然安くは無いし

掘り出し物も少ない

 

じゃあオーナーチェンジの物件を買うべきでは無いかというと

そうとは思いません

 

「どっちなんじゃい!」

 

と言われてしまいそうですね

 

でもこれってケースバイケースなんです

 

結局オーナーチェンジのニーズはあります

 

投資家の多くは空き家の戸建よりも

オーナーチェンジを選ぶんじゃないですかね

 

なぜなら

めちゃくちゃ楽チンだから

 

空き家の戸建を賃貸に仕上げるのは結構大変な作業です

 

これってセミナーなんかで

ボロ家を買ってリフォームして利回り30%みたいな話を聞くと

なんかサラっと出来てしまいそうな錯覚に陥りますが

 

利回りが高ければ高いほど

「数々の面倒な問題を一つ一つ解決してきたんだな~」

という風に私は経験上思ってしまいます

 

なぜなら

安ければ安いほど何かしらの問題があるから

(たまにガチの棚ぼた物件もあります)

 

なのでオーナーチェンジで売りに出ているのは

大抵はそれらの問題が解決済みにされた比較的安心な物件です

(たまにヤバいのもあります)

 

空き家を買って賃貸転用させる作業というのは

本当に賃貸が付くのかどうかもわからない空き家を買ってリフォームをする訳です

 

リフォームも業者の選定から

いかにコストを抑えれば良いか頭も捻らねばなりません

人によってはDIYで労働力投入する人もいるでしょう

 

リフォームが終われば今度は客付け作業です

自作のマイソクなどを作成して賃貸仲介業者に営業に行きます

 

これらの作業を行うのには時間と労力がかかりますよね

当然リフォームや客付けにはノウハウも必要です

 

なのでオーナーチェンジ物件には利益が乗っていると言いますが

 

多くのリスクテイクや時間や労力をつぎ込んだ分の利益が乗っている訳で

これは正当な対価だと思います

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)