いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

昨日は都内でセミナーをしていました

参加された方々お疲れ様でした!

 

ところで昨日のセミナーでも少し話しましたが

戸建投資家の銀行評価に関してお話をしたいと思います

 

地方の戸建投資をしていると悩みが一つあります

 

それは物件の評価額が低い事

例えば私が所有している物件なんかは実勢の市場価格で言ったら

400~500万くらいなのですが

評価証明の価格は200~300万くらいだったりします

 

多くの銀行さんは所有物件に関して積算評価で評価される金融機関が多いので

私のように積算が低い物件を多く持っている投資家の評価は低く見られがちです

 

じゃあもしアパートなどの一棟物の購入で融資を引く際に

その事が足枷になって融資を引けなくなってしまうの?

と思いますよね

 

でもそんな事はありません。

私も昨年アパートローンで融資を受けてアパートを一棟買っていますが

問題無く融資が通っています

 

私の戸建たちが融資の足を引っ張るような事は一切なかったんですね

そんな事は銀行の担当者から一言も言われませんでした。

 

それは何故かというと戸建投資ではそこまで借り入れは増えません

また融資期間が短いので残債の減りも早いです

 

そして私の場合現金で買う事もあれば融資を受けて買う事もありました

なので借り入れはありましたが

少なく見積もられた評価額ベースで資産を計算しても借入額を下回る事はなかったので

信用棄損のような状態になる事は無かったんですね

 

なので評価が低い戸建投資をしているからと言って

融資が出なくなることは無いと思います

 

私の周りには戸建投資家の仲間がたくさんいますが

「戸建投資をやっていたので融資が引けなかった」なんて話

私は今まで一度も聞いたことはありません

 

むしろ信用棄損になりやすいのは

一棟物を購入する時にアパートローンなどで自分の与信で借り入れをしている場合です

一棟物の場合は評価額が物件購入価格を大きく下回るケースも多々あります

レバレッジも効いているので戸建の比ではありません

その場合は次の融資が出なくなる可能性もあるので注意が必要ですね

 

なので戸建投資の場合確かに評価は低いですが

融資を受ける時に影響が出るほどでは無いのでそこまで気にする必要がありません

なのでリスクが少ない戸建で経験値を積んで一棟物にシフトしていくやり方もアリですよね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング