いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私は田舎のエリアで戸建投資をしています

エリアの中でも客付けしやすいエリアとそうでないエリアがあるんですね

 

例えば商業施設が多い幹線道路近くや

学校の近くなんかはやっぱり人気が高いです

客付けしやすいですよね

 

逆に田舎では駅までの距離とかはそんなに重視されません

車社会なので駅までの距離よりも商業施設や公共施設が近くにあるかが重要です

ですからこれらの施設から離れてしまった物件は基本客付けはしづらくなる訳ですが

 

そんな中意外と人気の場所があるんですね

 

それは海近の物件です

海近物件は意外と客付けがしやすいです

スーパーやドラッグストアなどの商業施設などから離れていても

客が付いたりします

 

個人的には地震の時の津波の心配や

生活の利便性の問題から逆に嫌煙されるのかと思いましたが

どうやらそうでも無いようですね

 

海近の物件というとお客さんはサーファーか釣り人かな?

と思いますよね

 

それが意外と普通のファミリーが住んだりします

やっぱり人は誰でも海に癒されるんですね~

 

私も海近物件を所有していますが

決まる所は一カ月程度で決まってしまいます。

私の知り合いの大家さんの物件でも割と直ぐに決まっていますね

(ただ海近もエリアによっては全然ダメなところもあるので注意してくださいね)

 

あと海近物件は塩害も考慮したほうが良いですね

外壁も劣化しやすいので塗装のサイクルは普通の立地の物件よりも早いです

またエアコンの室外機も塩害で数年でやられてしまいます

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング