いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

不動産投資では自己資金が必要になります

物件価格の10~20%程度の自己資金が必要とよく言われますが

昨今は融資が引き締まってきているので

より多くの自己資金を求められるケースが多いようです

 

ここで

戸建は物件価格が低いので自己資金も少なくて済む

と思ってしまいますよね

 

それは間違いです

意外とそうでは無いんです

 

戸建投資では融資を引くのが一つのハードルなんですよね

 

融資してくれる金融機関としては公庫が一番有力で

他にも信金、信組、地銀、ノンバンク系が使えます

 

この中でも一番融資が出やすいのが公庫だと思います

ではこの公庫から融資を引く場合は

どれ位の自己資金が必要かというと?

 

300~400万の空き家を買って賃貸転用する場合なら300万

同額のオーナーチェンジであれば200万程度必要かと思います

(支店や担当によって対応は異なります)

 

これは決して自己資金を入れる訳ではありません

物件が悪く無ければリフォーム費用込みのオーバーローンも引けるのですが

手元の資金としてこれ位必要という事なんですよね

 

ここでなぜ空き家再生とオーナーチェンジで必要な自己資金が異なるのかと言うと

戸建投資ではオーナーチェンジの方が遥かに融資が出やすいからです。

 

これは投資初心者の場合に特に顕著で

実績が無い投資初心者の場合は

オーナーチェンジの方が融資が出やすいです

 

これは融資担当者の気持ちになってみれば分かります

融資担当者も空き室の物件を未経験の方が客付け出来るのか不安なんですよね

一方オーナーチェンジだったら既に客が付いているので安心な訳です。

 

ここでオーナーチェンジで融資が出やすいもう一つの理由が

収益専門業者さん経由で物件購入するという事があります

 

収益専門業者さんは金融機関とのパイプが太いです

投資用の融資付けに長けているんですよね

 

じゃあ私が良く使っているような地場業者さんの場合はどうかと言うと

まず公庫すら良くわかっていない人も結構います

 

「公庫って何?」って感じです

 

地場の信金や地銀との取引はあるので

担当を紹介してもらう事は可能なのですが

投資用の融資に慣れていないケースが多く

紹介してもらっても手ごたえがイマイチな場合も多いです

 

なので自己資金に不安がある方は

オーナーチェンジを収益専門業者経由で購入すると良いですね

 

この場合価格は地場業者から買って仕込むよりも

若干割高になってしまう傾向はあります

投資家のお客さんが多いので仕方ありません

 

でも最初の実績作りと割り切って買って

それ以降は公庫とのコネクションも出来て

返済実績も出来ますから

自身で融資付け出来るようになりますよね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング