いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

昨日は都内で戸建投資の小規模セミナーやっていました

実際に物件を検索してもらうなどのワークがあったりするので

実践的な内容が結構人気です

 

昨日のセミナー参加者の方の意見でも多かったのが

リフォームをどこまでやれば良いかの線引きがわからない

というもの

 

中古戸建投資をする場合

リフォーム費用をいかに安くするかが重要です

 

中古の物件はリフォームをやりだしたらキリがないので

どこまでやるかの線引きが大事なんですよね

 

これが出来るかどうかでリフォーム費用も
数十万ときには百万以上の差が生じます

 

リフォーム業者さんからの見積もり通りに工事を発注すると

かなりの費用がかかる事が多いので

自分で「やるリフォーム」、「やらないリフォーム」を選別する必要があるんですね

 

そこでこの選別をどうすれば良いかという話なのですが

正直こればっかりは経験値を積んでいくしかありません

 

基本私の場合は表層リフォームと設備の修繕は必ず行います

それ以外の効果的でないと思われる修繕はカットする事が多いのですが

 

恐らく多くの投資初心者の方はどこを削れば良いかわからないと思いますし

リフォームを安くするための代替案も出てこないと思います

 

例えばこのような浴室のリフォームの場合

多くの投資初心者の方ががユニットバスを入れると思います

ユニットバスを入れれば費用として80万位かかります

でも私はユニットバスを入れませんでした

その仕上がりがこんな感じです

浴槽と水栓はプロパンガス屋さんに無償提供してもらっているので

かかった費用は塗装と床のシートの施工費で35000円程度です

 

これはほんの一例で見る人が見ればもっと安く施工できる

リフォームというのは結構あるものです

 

なので最初のうちは先輩大家さんなどに

見積もりをチェックしてもらうと良いと思いますよ

それだけで上記の例のように

かなりのコストカットが出来ますからね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング