いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

昨日は都内でセミナーをやっていました

楽しかったですね~

皆さんお疲れさまでした(^^)

 

ところで

公庫の不動産賃貸業への融資がかなり厳しい状況が続いています

2,3年前はめちゃくちゃ出していたのに今は全く対応が異なります(-_-;)

 

本当に融資は水物だなと感じますね

 

融資情勢は常に変化しているので

適切な融資情報をキャッチできる場に身を置くことが本当に大事だなと思います

 

こういった所でも投資は情報戦だという事がわかります

情報弱者は圧倒的に不利ですね

 

先日築古戸建でも融資してくれるトラストを紹介しましたが

(詳細は下記リンクから)

最新!戸建投資の融資戦略

現在戸建投資に対して積極的に融資をしてくれる金融機関として

信金や信組が挙げられます

 

私も方々から融資の情報を得ていますが

最近は戸建投資で信金や信組で融資承認を得ている方が多いです

 

ただ信金や信組の場合注意しなければならない点があります

それはエリアの制限です

 

信金、信組はエリアの制限が厳しい所が多いんですね

私も昨年信組に融資の打診をしたところ

そんなに離れた場所では無いのですがエリア制限にひっかかり

融資NGとなってしまった事がありました

 

それ位エリア制限が厳しいので注意が必要です

 

また耐用年数に関しても厳しい所が多いです

私が信金に面談に行った際は築30年程度の戸建を持ち込んだのですが

耐用年数オーバーのため融資期間5年と言われました

 

ただ場所によっては10年で融資してくれる所もあるので

金融機関や支店、担当者レベルでも条件は左右されると思います

 

なので信金が信組が使える人は

公庫が締まっている現在の市況では有利ですね

 

因みに先ほど信金はエリア制限が厳しいと言いましたが

広域信金というエリアが広い信金もあったりします

 

融資情勢はいつまた変化するか分からないので

常にアンテナを張って情報収集をしていく必要がありますね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング