いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

戸建投資を始められた方の中には

「戸建投資は儲からない」

と感じている人もいるかもしれません

 

例えば

賃料6万円のオーナーチェンジ戸建を400万で購入した場合

融資をひいて金利2%融資期間10年だったとします

 

そうすると月の返済は約4万円

手残り2万円です

 

実際に融資を使った場合の戸建のCF(キャッシュフロー)ってこんなもんです

 

CFだけに着目していたらあまり旨味は無いですね

CFが欲しいのであれば一棟物をアパートローンを使って

長い融資期間で買えば良いと思います

 

正直CFが欲しい人に戸建投資は向かないです

 

では戸建投資は投資対象として旨味が無いのかと言えば

そんな事はありません

 

そもそもCFが出ない理由を考えてみましょう

 

それは融資の返済期間が短いからですよね

 

築古戸建の融資は基本10年程度までしか出ません

これは不動産投資の中ではかなり短い融資期間です

 

融資期間が短い=残債の減りが速い

なので手元にお金が残らない分

銀行にせっせとお金を返しているという事なんです

 

逆にアパートを長い融資期間で購入した場合

実際に買った事がある人はわかると思いますが

残債が全然減らないですよね

 

という事は

売却時に手元に残るお金に大きな差が出ます

 

戸建の場合は毎月の返済で大きく元本が減っているので

売却した際の手残りが多くなります

多くのキャッシュが手元に残ります

 

 

一方残債の減りが遅いアパートを売却しても

ほとんど手元にお金は残りません

なので毎月のキャッシュフローが少ないのは

返済と言う見えない貯金をしているから

そしてその貯金が引き出されるのは

物件の売却をした時と言う事なんですね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング