いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

先日のセミナーでも質問がありましたが

「指値に関してどれくらい入れるべきなのか?」

「指値を断られた場合は食い下がるべきか?」

 

今回は私の指値の入れ方に関してお話します

初めにすでに割安で競合がたくさんいるような物件では指値は通りません

そのような物件は満額買い付けをスピーディに通す必要があります

 

その日のうちに内見し

その日のうちに買い付けを入れます

 

「とりあえず1日じっくり考えるか~」

そんな余裕はありません

そんな事していると他の競合にかっさらわれます(笑)

 

また競争が激しい場合は買い上がりする必要すらあります

 

指値をするのは基本的にそれほど競っていない物件で

残置物が多かったり、雨漏りしていたり、シロアリがいるような物件

 

普通の人が好まないような物件ですね

私の場合はまず内見の段階でジャブを入れていきます

 

売却理由や値下げ交渉は可能かどうか?

可能であればどれくらいまで交渉可能なのか?

 

ここで業者さんが

「300万までしか値引きは厳しいですね」

と言った時に私なら指値で200万とかは入れたりしません

 

そんな事したら業者さんとの関係がまずくなります

業者さんに

「この客はめちゃくちゃな指値を入れてくる奴」

とレッテル貼られたら今後物件紹介してもらえなくなりますからね

 

なので業者さんによっては

「とりあえず買いつけ入れてくれれば売主さんに交渉します」

と言ってくれる業者さんも結構いて

そのような場合は容赦なくキツめの指値をするんですね

 

なので指値は業者さんの反応を見ながら入れた方が良いと思いますよ

因みにここで指値が通らなかった場合なのですが

 

私としてはリフォーム費用なども加味して

自分ならこれ位の価格なら買ってもいいという金額で買い付けを入れているので

そこから更に食い下がるような事はしません

 

特に戸建は球数が多いので次から次へと物件は出てきます

このように余裕がある状態を維持できれば価格交渉では常に優位に立てます

 

あとは数をあたっていくだけ

無理に物件購入する必要はありません。

 

私の今までの感覚では300~400万位の物件で

30万程度のソフト指値は通りやすい傾向があります

 

380万なら350万とかですね

それくらいの指値であれば売主さんも業者さんも不快に思う事は無いので

試しに入れてみるのは良いかもしれません

当然競合のいない物件ですよ

 

指値は下手すると業者さんや売主さんを不快にさせてしまうデリケートなものです

特に業者さんとは今後も継続して付き合っていくわけですから慎重に行いましょう

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング