いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

地方で安い戸建を探していると遭遇するのが

汲み取り便所の物件

 

「あなたなら汲み取り便所の物件買いますか?」

 

私が以前購入した物件が汲み取りだったんですね

 

ただ私の物件はボットン便所では無く簡易水洗といって

見た目は洋式トイレのようですが

ボットン便所と同様にバキュームカーで汲み取る奴です

 

私は当初簡易水洗のままで賃貸募集していました

※実際の写真。普通の洋式トイレと一見変わりません

 

しかし

お客さんは内見には来ますが

一向に申し込みに至りません

 

その理由を仲介業者にヒアリングしたところ

どうも「汲み取りという点がネックになっている」

という話だったんですね

 

そこで私は浄化槽への変更工事を行うことにしました。

 

因みに浄化槽への変更工事を行う前提で

汲み取り物件を購入する場合に必ずチェックすべき点があります

 

「それは浄化槽を入れるスペースが敷地内にあるかどうか?」

 

おそらく多くの人が

「現況の汲み取り用の便槽が埋まっているところに

そのまま浄化槽を入れればいいんじゃないの?」

って思いますよね

 

でも汲み取りの便槽より浄化槽の方が遥かに大きいです

 

で何が起こるのかというと

「浄化槽が入らない」

 

もし現況の便槽があるところに浄化槽が入らなければ

敷地内の浄化槽を入れられるスペースがある所まで地中内に菅を這わせる必要があるので

その分費用がかさみます

 

通常浄化槽への変更時はトイレの改修費用も含めると

70~80万といった所ですが

このような追加工事が発生すれば普通に100万超えてきます

 

そうなると大きな修繕費での誤算が生じますよね

多分これで失敗した戸建投資家結構いると思いますよ

 

しかし浄化槽への変更工事では市から助成金が出たりします

私の場合は48万程度の補助金が出たのでかなり安く仕上げる事が出来ました。

 

この補助金ですが投資用の物件で補助金が出る市町村とそうでないのとあるので

事前に役所に確認が必要です

 

またこの補助金を使う場合も実は注意点があって

まずこの補助金の申請するにあたって

入居する人の住民票を物件に入れてもらう必要があるのですが

 

この申請をしてから受理されるまでに時間がかかるのです

工事自体は大した時間かかりませんでしたが

この役所の手続きでマジで時間かかりました(汗)

 

つまりどういう事かというと

役所の書類受理に時間がかかってしまって

私の場合入居開始されるまでに工事が完工しなかったんですよね

 

それはすなわち「入居者さんがトイレを使えない」という事を意味しています

 

当然そうなればクレームになりますよね

一応物件の外に仮設トイレは工事期間中設置していましたが

それだけで済まされる問題ではありません

 

なので私は工事期間中の賃料は無料としました。

 

汲み取り物件は確かに安い物件が多いです

しかしこのような問題があるので

もし購入されるのであれば問題点を理解したうえで購入するようにしてくださいね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング