いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

最近の融資引き締めで

地方の築古物件に対して融資が出づらくなっています

 

土地の評価も低く、物件の耐用年数も残っていないような

地方物件への融資はかなり厳しいです

そのため地方の築古アパートは値下がり傾向

買える人が少ないのでこのような物件の価格は当然下がります

 

では地方の戸建も同様に値下がりしているのでしょうか?

 

そんな事はありません

戸建の場合はこのような融資の引き締めで物件価格が値下がりして

含み損を抱えたりするような事は無いんですよね

 

何故でしょうか?

 

確かにオーナーチェンジで物件は売りづらくはなっていると思います

それは投資用の融資が引き締まっているので多少なり影響はあります

 

しかし単価が低い戸建物件の場合

現金買いする人が結構多いんですよね

 

なので物件価格が下がる事はありません

私の知り合いの大家さんも最近戸建を売却されていましたが

購入された方は現金で買われたそうです

 

基本的に500万以下の物件は現金で買われやすいです

地方の戸建物件の場合は売却時の価格は500万以下になる事が多いので

融資が締まっても現金で購入される方が一定数います

 

また戸建の場合出口戦略として

実需への売却も出来る点も大きいですね

 

投資用の融資が引き締まっても住宅ローンが締まる事はありません

なので融資が締まっている状況でも実需でEXITを取れるんですよね

 

これがアパートではそうはいきません

ロットが大きなアパートを現金買いする人は少ないですし

実需への出口も取れません

 

このように出口戦略を取りやすい点は

戸建の大きなストロングポイントだと思います

融資の影響で価格が上下する収益物件よりも

戸建は投資対象としての安定感はかなりあると思います

 

こういった点も最近戸建投資が人気になっている理由なのかもしれませんね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング