いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

昨日は日本政策金融公庫の融資が引き締まっている話をしました。

このように融資が引き締まってくると物件を買えない以外に

このような心配な点が出てきますよね

 

物件売るときも苦労する事になる

出口戦略がとれないのではないか?

という心配です

 

実際に現在地方のアパート物件などは

売り手が付かず価格が徐々に下がり始めています

 

じゃあ戸建も同様に売却がしにくくなって出口戦略がとりにくいのか?

というとそうではありません。

 

なぜなら戸建の場合は投資家以外にも

実需と言われる一般のマイホームとして住む方に対しても売却が出来ます。

 

実需の方は住宅ローンが使えます

投資用の融資が引き締まってきても住宅ローンが引き締まる事はありません

 

なので実需向けにEXITをとれるんですね

そして地方の戸建の場合は単価が低いのでキャッシュで物件を購入される方もたくさんいます

 

そのため融資引き締めの影響で地方の戸建が売れにくくなったり

値崩れを起こす事は無いんですよね

 

これは逆を言うと融資が緩くなった時に値上がりもしにくい物件と言う事にもなります

なので地方の戸建は値上がりの可能性はほとんどありません

 

ただ相場よりも安く購入する事が出来れば手堅く利益が出せるという事なので

安定性が高い投資対象と言えると思います

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

私のサーファー仲間で楽待コラムニストでもあるサーファー母さん(後藤さん)が

空き室対策の情報発信をしています

これからの繁忙期で空き室を埋めたい!という方は必見ですよ(^^)

https://www.agentmail.jp/u/surferkaasan/fp/13064/2/

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング