いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私は日ごろ安く物件を買うためには

見た目が汚い物件や残置物が多い物件を狙うように言っています

 

これは競争が少なくなるため安く買いやすくなるからです

 

しかしこれらの物件を購入する時は注意すべき点があります

リスクがある事もしっかり認識しておく必要があります

 

まず残置物がモリモリの物件の場合

残置物が多いため床や壁の状態をちゃんと確認できません

 

これが売主さん側で撤去し後日また内見させてくれる場合もありますが

かなり安価で売りに出ている場合はスピード勝負

そのような猶予も無い場合もあります

その際はそのリスクを許容するしかありません。

 

また「残置物をこちらで撤去する代わりに値下げして欲しい」といった交渉も出来ますが

その際に残置物撤去でいくらかかるかの見積もれなければいけないので

残置物撤去の相場観が無ければ、そもそもの価格交渉が出来ません

 

次に見た目が汚い物件です

この場合は壁紙の交換やクッションフロアの貼り替えなどの

表層リフォームでいける物件であれば安く収まりますが

水回りなどの設備の交換や外壁塗装なども必要になってくるケースでは修繕費が高くつきます

 

ここでも表層リフォームでいける程度なのかどうかの判断が出来なければいけません

もしリフォーム費用を自分で見積もれない場合は

リフォーム業者に手数料渡してどれ位費用がかかるのか見てもらった方が良いですね

(基本リフォーム業者さんは購入物件でなければ見積もりは取ってくれないので)

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング