いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

最近は色々なセミナーに参加したり動画でセミナー見たりして

不動産の情報収集をしています

 

先日セミナーに参加した際に

5年で24戸の戸建を取得した強者大家さんがいました

 

私が7年で18戸ですからすごいですよね

一年に4戸以上購入していた事になります

 

その方と私ではエリアが違います

 

その方は神奈川県を投資エリアとし私は千葉県でやっています

 

正直私の神奈川の戸建の印象は

物件価格が高いが積算は出る

しかし傾斜地が多く掛け目も結構入る

坂、階段が多い、

安い物件は築年が古い物件が多い

そんな印象でした

 

神奈川と千葉とで違いは色々とありますが

違いの一つ目はベースキャンプ賃貸がある事ですね

 

横須賀の米軍基地に勤務する方に貸し出す訳ですが

その賃料が結構高いんですね

20万位は取れるそうです

 

ただ条件がかなり厳しいので

その条件をクリアするのに結構費用がかかったり

ベースキャンプをターゲットとして購入したものの

条件をクリアできなかったり、もしくは

条件が変わって貸し出せなくなったり

といったリスクはあるようです。

 

そしてもう一つの千葉県と神奈川の戸建投資の違い

それは物件の築年数ですね

 

千葉県の特に私が投資しているような外房エリアでは

物件価格が200~300万代で平成築の物件なんかが結構あります

 

実際に私が先日買った物件の動画をこの大家さんにお見せしたら

「この値段でこんな物件は神奈川には無い」

と言っていました。

 

因みにその物件の動画とはコレです↓

 

なので結構リフォーム前の状態でもパリッとしているんですよね

表層リフォームだけで収まる場合は50万もかからない事もしばしばです

 

一方神奈川の物件の場合は築年の古い物件ばかりなので

物件価格よりもリフォーム費用が高くなるケースの方が多いそうです

ただ神奈川の物件の場合は千葉の物件よりも土地値が出るため

積算の評価が出る事が多いです

 

戸建投資もエリアによって特徴が異なります

エリアの特徴に合わせた戦略をとっていく必要がありますよね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング