いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私は今まで結構な指値を入れて物件購入してきています

380万→250万

650万→500万

380万→200万など

 

私が受ける質問で

「どんな物件であれば指値を入れる事が出来るのか?」

「指値を入れる物件を見極めるポイントは?」

といったものがあります

 

指値を入れるポイントあなたはどのように判断していますか?

 

まずネットの物件情報だけでは基本的に

指値を入れられるかどうかの判断は出来ません

内見に行く必要があります

 

なぜだと思います?

売主さんの売却理由がわからないからです

 

指値を入れる場合にこの売主さんの売却理由が超重要

「じゃあ電話やメールで確認すれば良いのでは?」

と思われるかもしれませんが、デリケートな事なので

電話やメールの問い合わせでは売却理由は教えてくれません

 

なので現地に内見に行って直接仲介業者に聞く必要があります

ここで売主さんから直で物件を預かっっている元付(物元)業者で無いと

売主さんの売却理由がわからないケースも多々ありますので

必ず内見の問い合わせは元付け業者さんにしましょう

 

因みに元付業者さんは不動産ジャパンで検索すると分かりますよ

不動産ジャパン

不動産ジャパンはレインズと同じなので物件に記載されている業者さんは全て元付けの業者さんになります

 

ではどんな売却理由が値下げしてもらい易いのか?

 

まず1つ目は相続物件ですね

相続された方は基本自分が住んでいた訳では無いので

結構業者さんに価格設定なども丸投げしているケースが多く

安くなりやすいです

 

また相続税の支払いの関係なんかで売り急いでいるのも

指値が効きやすい理由かもしれません

 

そして2つ目は競売間近の任意売却の案件ですね

これに関しては先日記事を書いたのでそちらを参照してください

こんな任売物件が狙い目です

 

そして3つ目は業者売主物件でその業者のさんの決算月の場合は

指値が効く可能性が高くなります

業者さんも在庫が多いと税金が多くかかってくるので整理したいのが理由ですね

 

因みに指値が通らない売却理由としては

売れても売れなくてもどっちでもいい売主さん

又は残債が多い場合などもあります

 

これらの売却理由の場合はまず指値は通らないですね

 

残債が多いと結局抵当を外す事が出来ないので

残債以上の価格で無いと売ってもらえないんですね

なので指値が通りづらいです

 

指値を入れるかどうかの判断は現地に内見に行き

売却理由を聞いたうえで判断するようにしましょう

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング