いつもブログをお読み頂きありがとうございます

 

安い物件を探していると必ず遭遇する傾き物件

特に擁壁の物件なんかで多いですよね

 

私は最近物件に入っただけで

軽度の傾きでもわかるようになってきました

 

これって慣れのようで投資初心者の方の中には

傾きに気づかない方も多いです

 

因みにそんな方のために傾きをチェックする方法があります

それはこれ

 

 

iPhoneの便利ツールに入っています

下のように水準器を選択すると傾きをチェックできます

 

では傾き物件であった場合

あなたは購入の検討をしますか?

 

私の場合はケースバイケースです

 

傾き物件は傾いているという理由で

安く売りだされているケースが多々あります

普通の人は傾いている物件を購入しようと思いませんからね

 

なのでその分安く買う事ができるので

この傾きの問題さえうまく解決できれば安く物件を仕上げる事が出来ます

 

ですからその問題解決能力がある人間にすれば購入対象になる訳ですよね

 

しかし私も傾き物件なら何でも買うわけではありません

私が購入しない傾き物件は次の2つに該当するものです

 

・ジャッキアップを要するような重度の傾き物件

・現在進行形で沈下している傾き物件

 

これらの傾き物件は購入を見送っています

 

ジャッキアップする場合は費用が100万以上かかる事があります

傾きを直す費用が膨大になり基本的に採算が合わなくなるので買いません

 

また現在進行形で沈下しているケースの場合

傾きの修繕をしてもまた沈下していく可能性があるので買いません

 

因みに現在進行形で沈下している物件の場合は軟弱地盤が多いですが

軟弱地盤かどうかはこのサイトを見ると分かりますよ

地盤サポートマップ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング