いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

地方戸建投資で物件を探していると

家を増築している物件をよく見かけます。

 

そのような物件一見特に違和感ないので

気にしない人もいると思います

 

しかし中古物件の場合

そのような増築部分が未登記のケースが結構多いんですよね

 

あなたは増築部未登記物件を購入しますか?

 

まず増築部分が未登記だとどんな問題があるかというと

融資がひけません

 

なので融資を利用する際は売主さんに登記してもらってから購入する事になります

 

ここまでは一般的な話

私の場合は増築部分未登記物件があれば

それを理由に指値をします。

 

売主さんで特に売り急いでいる方は面倒を嫌います

登記する場合は測量を入れなければいけないので時間とお金がかかるんですよね

 

なので「未登記のままで良いので安くして下さい」と交渉します

現金買いの場合は融資を使わないので未登記のままで購入出来ます

 

こういう時にも現金買いは強みを発揮しますよね

戸建投資の場合は融資を引けるときに融資をしっかり引いて

キャッシュを温存させる事が大事です

 

ただ売却時に買主が融資利用の場合は登記しなければいけないので

その分を含め安く購入しておく必要がありますね

 

また物件が増築したことによって違法建築になっていないか確認しておく必要もありますよ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)
↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング