いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

以前に私が物件を探している時に

見つけた戸建で価格が100万の物件がありました

 

しかも平成築の3LDK、駐車場付きで100万です

この情報だけ聞けば良さそうに感じますが

 

しかしその物件が存在するのは

森の中の旧別荘地

しかも物件までの道は当然舗装もされておらず

傾斜が激しいので四駆で無いと物件に辿り着く事は出来ません

 

その物件の想定賃料を現地業者にヒアリングしたところ

1万円という事でした

 

1万円!

 

私は戸建を購入する時は5万程度賃料が欲しいと考えます

 

なぜなら戸建一戸購入し客付けして

賃貸物件に仕上げるにはそれなりの時間と労力がかかるからです

 

そこで得られる見返りが賃料3万とかであれば

正直自分の時給と見合わないと思ってしまいます

 

そして安い賃料で貸し出す場合は修繕比率を意識したほうが良いですね

賃貸物件を貸し出す際に大家には修繕義務というものが発生します

 

生活に支障を来すような不具合が物件にある場合

大家は修理しなければいけません

 

しかしもし頂いている家賃が安い場合、

賃料に対する修繕費の比率が高くなってしまう訳です

 

例えば賃料3万円で12万の修繕が発生した場合と賃料6万で同額の修繕が発生した場合

回収するのに当然2倍の差が生じる訳です

なので賃料が低い物件にはこのような問題も発生します

 

どうせ安い賃料で貸し出すならDIY賃貸にしてしまった方が良いかもしれませんね

安い賃料で現状のまま貸し出す代わりに自分の好きなようにリフォームして良いよっていう契約です

 

これって国土交通省がちゃんとガイドブックも作成しているんですよね

http://www.mlit.go.jp/common/001127694.pdf

 

DIY賃貸なら入居者さんが勝手に直して住んでくれますし

何か壊れても自分で直して住んでくれる可能性が高いので修繕費のランニングコストも少なくて済みそうです

しかも退去後に物件がバリューアップしている可能性もありますよね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング