いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

物件をペット可で募集すると

「ペットの臭いが付くんじゃないか」とか

「ペットのひっかき傷が付くんじゃないか」

心配になりますよね

 

でも私の物件は全てペット可にして募集をしています。

その理由は圧倒的に客付けで有利になるからなんですね

 

またペット飼育の場合は賃料アップも可能なんですよね

私の知り合いの大家さんも

ペット飼育の方にプラス5000円賃料上乗せで貸せているようです

 

特に戸建は共同住宅のように既存の入居者がいる訳では無いので

容易にペット可に変更可能です

 

最近はペットを飼われている方が多くいるので

そのような需要を取り込めないのは勿体ないですよね

 

戸建でもペット可で募集している大家さんは意外と少なかったりするので

差別化にもなります

 

多くの大家さんがペットで物件を傷つけられてしまう事に対して

かなり抵抗があるみたいですね

 

私も抵抗が無いわけではありません。

なのでしっかりその点もリスクヘッジを行う必要があると思います

 

まず私の場合は賃貸契約書に

必ずペット飼育に関する特約を設けます。

 

例えばペットの傷や臭いに関する原状回復費は全て借主さん持ちですよ

と言った内容の文言です

 

そして原状回復費まで保証される保証会社さんに入ってもらいます

これによってもし仮に入居者さんが原状回復費の支払いを拒んだ場合も

保証会社から保証を受ける事が出来ます

 

ただここで注意点なのですが

保証会社の原状回復費の保証には上限があるという事です

 

大体賃料の2~3か月分までしか出ないんですよね

なので酷く物件を汚されてしまった場合は

保証会社の保証ではカバーしきれない可能性があります

 

なのでペット飼育の場合は

必ず敷金を多めに積んでもらう!

 

私の場合は基本敷金礼金ゼロゼロで賃貸募集をかけていますが

ペット飼育の場合は敷金を2か月分しっかり頂きます

 

こうする事で原状回復費に賃料の4~5か月分は充てられますので

ペット飼育のリスクをある程度カバーできますよね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

 ↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!


不動産投資ランキング