いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

定期的に行っている投資初心者セミナーでは毎回実際に物件を探すワークを行います

 

その際にみんな口々に言われるのが

「物件の良し悪しの判断が出来ない」

そりゃそうです。

いきなり物件の良し悪しなんか判断できません

 

特に築古戸建投資の場合は物件の良し悪しの判断は勿論

リフォームコストの見積もりが出来なければ物件選定で失敗します

 

なので一番最初というのは

変な物件買ってしまうリスクがかなり高いんですね

 

多くの投資家の方が

「一番最初に買った物件は今なら買わない」

というのはよく聞く話です

 

ですので最初で失敗したくなければ

先輩投資家のアドバイス

これは必要だと思います

 

そしてこれも大事です

相場観を身に着ける

 

相場観を身に着けるにはどうすれば良いかというと

兎に角物件検索、内見をする事です

 

毎日物件検索するのは当たり前

内見も週に2、3件は見に行くべきだと思います

 

ただそれでも物件購入に値するのは10件に1件程度かもしれません

目ぼしい物件をピックアップして10件に1件買える

 

これを多いと思うか少ないと思うか人それぞれですが

これがずっと続くわけではありません

 

要は物件検索の精度が数をこなせばこなす程上がっていきます

 

つまり今まで10件に1件買えていたものが

5件に1件、3件に1件みたいな感じで精度が上がっていきます

 

物件を見る目が養われてくると

ネットの物件情報の時点である程度の判断が出来るようになってきます

無駄撃ちする事が無くなってくるんですね

 

この動画↓でも言っていますが「一番最初が一番大変」

不動産投資一番大変な時期

(この動画では大変な時期を乗り切るマインドセットについて語っています)

 

ただ継続していれば徐々に楽になっていきます

しっかりモチベーションを維持して継続する事が大事なんですね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング