いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

これから確定申告の時期ですがちゃんと準備は出来ていますか?

今日は不動産投資の確定申告に関してお話しますね

 

私は現在個人、法人両方で物件を所有しています

 

個人で確定申告をする場合

必要経費に出来るものは下記になります

 

・税金

不動産取得税、固定資産税など

・保険

火災保険など保険料

・管理費

管理会社に支払う管理料

・登記費用

物件購入時発生する登記費用、因みに仲介手数料は資産計上します

・減価償却費

減価償却費に関してはコチラの記事を参照

勘違いしてない?不動産の減価償却費に関して

・修繕費

単価が低く、機能の向上を伴わないものは一括経費にする事が出来ます

空き家を賃貸転用させる時にかかった費用は資産計上し減価償却する事も可能です

・金利

元金返済は経費にできませんが、金利部分は経費になります

・交通費、接待交際費

自己所有の車を不動産賃貸業にも使っている場合

車検やオイル交換などのメンテナンス費、ガソリン代は按分率(自己利用:事業利用)で経費にする事が出来ます

法人にして社用車としてしまえば全額損金にする事も出来ます

 

また「個人の確定申告は自分で出来ますか?」

という質問を受ける事もあります

 

個人の確定申告は全然自分で出来ますよ

青色申告の場合は複式簿記での記帳が必要なので若干複雑にはなりますが

会計ソフトなど使えば十分個人で出来ます

もし記帳の事などでわからない事があれば青色申告会などで相談すれば教えてもらえますよ

 

個人で節税する場合に是非とも活用したいのが

青色申告の特別控除です

 

この控除を利用するには当然白色では無く青色申告をしなければいけません

青色申告するためには開業届、青色申告の承認申請書が必要です

個人事業の開業・廃業等届出書|国税庁

所得税の青色申告承認申請書|国税庁

 

事業的規模でなければ10万円の控除ですが

5棟10室以上事業的規模となれば65万円控除出来ます

 

これってめちゃくちゃ大きいですよね

ただ青色申告特別控除も注意点があります

私もそれで実際に失敗した事があります(^^;

その点に関してはこちらの記事を参考にしてください

私が不動産投資の確定申告で犯した失敗

 

因みに法人にする事で更に節税の幅が広がります

ただ個人よりもかなり複雑になって来るので

その際は不動産投資に詳しい税理士さんにお願いすると良いですね

不動産に詳しい税理士さんでないと

不動産投資に効果的な節税対策出来ませんからね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング