いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

中古の戸建なんか内見に行くと

よく遭遇するのが増築された物件

 

 

一見普通っぽく見えますが

よく見ると増築部分がわかります

 

私も今まで増築された物件も結構買ってきました。

では増築された物件には

どんな問題があるのでしょうか?

 

基本増築自体に問題はありません

まず問題になって来るのは

増築したけれどその増築部分を登記していない場合です

 

この場合は融資が使えません

増築部分が未登記の状態では

金融機関が融資をしてくれないんですね

 

なので融資利用の場合は

事前に売主さんに登記を完了しもらう必要があります

私の場合は増築物件を現金買いして

売却の際に増築部分を登記して融資で購入して頂いた事がありました

 

ですから増築物件でも登記してしまえば問題ありません

しかし

こんな場合は注意が必要ですよ!

 

増築した事で違法建築となっている場合

容積オーバー、建蔽オーバーになっている場合は

登記したとしても融資が出ません

 

なので増築物件を購入する場合は

まず登記されているかどうか?

増築した事によって違法建築になっていないか?

この2点を確認されると良いと思いますよ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング