いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

供給が少ない、差別化しやすいなど

メリットがてんこ盛りな戸建投資ですが

実は弱点もあります!

それは不動産投資の規模拡大するのに

効率的では無いという事

 

アパートやマンションなどの一棟物では

一物件の購入で数世帯入りの物件を手に入れる事が出来ます

 

しかし

戸建の場合はロットの小さな物件を一戸ずつ一戸ずつ

購入しなければいけません

 

なので投資規模拡大の面では効率的では無いんです

 

私は昨年アパートを購入しましたが

融資利用の場合であれば正直アパートの方が簡単に

しかもアッサリと変えてしまった印象です。

 

その理由は戸建投資の場合

実は融資が出にくいからです

 

これは意外に思われるかもしれません

なぜなら戸建は単価が低いからです

 

一棟物は数千万、一方戸建は数百万です

でも戸建の方が融資は出にくいです

 

戸建投資では利回りを求めるため

物件の築年数は古くなりがちです

 

耐用年数オーバーの物件が多くなるため

金融機関は耐用年数内の物件に融資をしたがるので

融資が出づらいんですね

 

また物件の単価が低いのも銀行が融資をしたがらない理由の一つです

基本的に銀行さんもどうせ融資するならたくさん融資したいんですね

かかる手間は物件価格が高くても低くても大して変わりません

 

戸建の融資は主に公庫か信金や地銀などでの

保証協会付融資かプロパー融資になりますが

 

公庫融資や保証協会付融資の場合は結構審査に時間がかかります

1か月半とか普通にかかる事があります

 

一方アパートローンの審査はめちゃくちゃ早いですね

私は1週間程度で結果が出ました。

 

なので場合によっては戸建よりもアパートの方が

簡単に買えてしまいます

 

戸建投資したいが規模拡大も目指したい人は

ロットの小さな戸建投資から初めて徐々にアパートなどの

一棟物投資も組み合わせていくと効率的かと思います

 

このような弱点のある戸建投資ですが

それ以上にメリットがたくさんあるのが戸建です

 

私は今後一棟物も購入する事はあると思いますが

戸建投資をやめる事はないでしょうね(^^)

 

最後までお読み頂きありがとうございます(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング