いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

実は現在宮崎にサーフトリップ中

こんな自然のどかなゲストハウスで記事を書いています

 

 

ところで

戸建投資をしていると自ずとターゲットとなるのが

築古の物件となってきます

 

それを綺麗にリフォームをして賃貸転用し

収益を得る訳なのですが

 

戸建を融資を引いて購入し投資をしている場合

 

そんな方はこんな心配した事ありませんか?

 

「俺信用棄損になってんじゃねーか?」

都市部の物件であればまだ土地の評価が出るので

物件の評価額が低くなることは少ないのですが

(なので共担用として現金購入されるケースも良くあります)

 

問題なのは地方の土地評価が出にくい物件です

 

建物は耐用年数オーバーで評価が出ない

土地も田舎で資産価値が低く評価が出ない

(その代りに高利回りを狙いやすいんですけどね)

 

「そのような物件を買っていては信用棄損になってしまうんじゃないか?」

と心配になってしまう訳なんですよね

 

(信用棄損とは物件の評価額以上の融資を受けてしまう事

評価額を超えた部分は給与所得などの与信を担保として

融資をしてくれているのです)

 

でもその心配は要りません

確かに評価額が購入額以下になってしまう事もありますが

そもそもの単価が低いので問題になりません

 

信用棄損で問題になってくるのは

アパート、マンションなどもっと単価が大きな物件です

 

今は融資が引き締まっているので少ないかもしれませんが

以前は評価が低い物件に対して

評価額を大きく上回るような金額の融資が出ていたので

簡単に1000万以上のの信用棄損を起こす事もあったんですね

 

1000万の信用棄損を戸建で起こそうと思ったら

容易な事ではありません

 

なので戸建投資で信用棄損は個人的に

そこまで心配する必要はないかなと思います

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング