いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私が現在民泊化(正確には旅館業)を考えている物件の近くにこんな空き地があります

 

雑草がうっそうとしていて

成人の背丈以上の高さがあります(^^;

 

道に草が飛び出して車が通りづらいし

何より住宅地の景観も良くありません。

 

なので私は法務局に行ってこの所有者を突き止め

手紙を送ったのですが宛先不明で戻ってくる始末

 

役所に問い合わせしても

「こちらでも手紙で連絡していますが今のところ返事はありません」

と言った回答

 

そして以前にFBでこの悩みを公開したところ

「正当な事由があれば司法書士など士業の人であれば追えるのでは?」

という話が出て

実際に知り合いの司法書士さんに相談したんですね

 

そしたらその正当な事由が結構厳しくて

相当な理由でなければ開示されないという話でした。

空き地の雑草問題ではダメなようです

 

そこで昨日ウチコミタイムスを読んでいたらこんな記事を発見!

 

何!「所有者不明土地の特別措置法」

こんなものがあったのか!

 

空き家対策特別措置法は知っていましたが

これは知りませんでした。

 

昨年6月にこの特別措置法が作られ

今年の6月1日に完全施行されたようです。

 

簡単に書いてしまうと

どうやら地域福利増進事業に利用する目的であれば

最長10年の使用権を設定し事業を実施する事が可能のようです。

 

この地域福利増進事業は公園、広場、運動場そして駐車場も含まれます

 

この土地を駐車場として活用できれば一石二鳥ですね

 

早速今日問い合わせしてみようと思います

結果はまたブログで報告しますね

 

最後までお読み頂きありがとうございます(^^)

 

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング