いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

最近は早朝サーフィンをしていて

夜9時寝の朝4時起きが習慣になってしまっています(^^;

ところで

セミナーなどで私の物件購入の実例などを話していると

やはり大幅な指値を入れて物件購入をしている事が多いためか

 

「とりあえず片っ端から指値を入れて買えば良いんですね」

そのような勘違いをしてしまう人が中にはいるのかもしれません

 

絶対にそんな事はしないでくださいね

なぜなら

業者さんから嫌われてしまいますよ

 

私が指値を入れるか入れないかというのは

状況見て判断しています

 

ぶっちゃけ

内見して指値を入れる機会よりも

何もせずにスルーする方が割合としては多いです

 

それ位指値はデリケート

 

じゃあどのように状況判断しているのかというと

 

・まず競合がいる物件では指値はしない

・指値を入れられるような理由が無ければ指値しない

 

まず内見が殺到しているような物件の場合は

指値はしません

 

恐らく満額買い付けが入る可能性が高いので

指値などしている場合ではないんですね

 

むしろ自分が2番手、3番手の場合は

買い上がりも考える必要があります

 

そして指値を入れられるような

ネタが無ければ指値をしません

これはどういう事かというと

 

結局何の問題も無い綺麗な物件に

指値を入れても意味が無いという事です

それが適正価格であれば他に買い手は幾らでもいます

 

私たちが安く物件を入手するためには

何か問題があり相場よりも安くなっている物件を買って

その問題解決する事です

 

例えば

何のメンテナンスもされていない放置プレイの空き家なんかは

今の時期は草ボーボーのジャングルで物件内には

ゴキちゃんやら虫の死骸など当たり前のように転がっています

そしてクロスや畳がカビだらけ

 

今の時期はリアルにそんな感じ

このような物件実需の一般の人は買いたいと思いませんよね

 

これは指値の一つのネタになります

ただ個人的にはこれだけでは

指値のネタにしてはまだ弱いかなって感じです

 

なので指値というのは結構デリケートな問題です

優良業者さんは優良物件委以上に価値がるものです

 

むやみやたらに入れるのでは無く

しっかり状況判断をした上で入れるようにしましょう

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング