いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

楽待の記事でこんなものを見つけました

「空き家」対策、個人投資家に参入の余地はあるか

 

この記事の内容をざっと書いてしまうと

政府は空き家に対してリフォーム費用や残置物撤去費用の補助であったり

空き家バンクを作ったりと色々な政策を施しているが

いずれもパッとせず、空き家は一向に減る気配は無い

 

そして投資家を対象とした補助金や助成制度は

今のところ皆無

むしろ

「個人投資家の存在を想定していなかった」

役所の方の意見はこんな感じの様です(^^;

 

実際に私も所有者不明土地の件で役所に行った時に

役所の空き家バンクを担当されている方とお話ししたんですね

 

私は自分が空き家を買って戸建賃貸に転用している事

私の知り合いは空き家を民泊物件に再生させている事など話したら

 

「え~。そんなの知りませんでした」

そんな感じだったんですよね。

 

結局実需をターゲットとして空き家対策を行っても効果は無い

と私は思っています

これは少し考えてみればわかると思いますよ

 

空き家って基本手入れがされていない物件なので

それなりのリフォームを施さなければ住めるようにはなりません

 

そこで「リフォームの補助金で100万国が出しますよ!」

と言ったところで

一般人が荒れた物件をリフォームして住もうとは思いません

なぜなら素人の人はリフォームの見積もりを取れないし

リフォーム後のヴィジョンを描けないからです

 

それが出来るのは業者であったり私たちのような不動産投資家です

私達ならボロちゃんでも

「いくらリフォームがかかるのか?」

「リフォーム後はこんな感じになるだろう」

そんな想定が出来るんですよね

 

こんな感じに

Before

After

(こんな物件いくらか補助金が出ると言っても普通の人買わないですよね)

 

それをいくら助成金が出るからと言っても

素人の人が庭の草ボーボーで、物件内部にはゴキの死骸があったり

クロスがカビたりしている物件の再生をさせて住む事は

かなりハードルが高い事なんですよね

 

一般の人に空き家の料理の仕方はわかりません

空き家の活用方法を知らない人に

いくら補助金を出しても意味がありません

 

ですから空き家などの中古物件の流通を促進させたいなら

実需向けでは無く、業者や投資家向けの助成金なり

補助金を出した方が遥かに効果的です

 

業者なら綺麗にリノベーションして中古物件を再販出来るでしょうし

個人投資家なら賃貸や民泊に転用させて運用する事が出来ます

少し考えればわかりそうなものですけどね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

PS:そんな空き家を民泊に再生させて運用している 

民泊の超有名人 宗華さんと戸建民泊VS戸建投資セミナーやりますよ

開催日時 :09/15(日) 15:00~17:30 
会場 :東京都千代田区平河町1-2-2 朝日ビル 5階 ハロー貸会議室半蔵門 

空き家の活用方法を知りたい方は是非ご参加下さい(^^)

 

申し込みは下記リンクから♪

https://ex-pa.jp/item/18226/s34449