いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

以前に事業で成功されている方と話をしていた時

私「どうしてそのように成功されたのですか?」

事業家「私は特に何もしていません。私の周りのブレーンがやってくれています」

 

成功者は何でも自分でやろうとしない

この方も本気で何もしていない訳ではありません

 

細かい運営などは他のブレーンと呼ばれるような人に任せているようです

 

何ていうか成功している人というのは

周りとの関係作りがとても上手いなと思うんですね

 

求心力というか人としての魅力もあり

周りの人達を惹きつけるのだと思います

 

事業で成功している人で一人でやっている人は一人もいない

 

従業員を雇わなくとも成功している人は業務を外部に委託しています

 

今はランサーズやクラウドワークスなどでいくらでも外注先を見つける事も出来ます

不動産投資ではあらゆる業務で外注化が可能です

リフォーム、管理、賃貸客付け、税務処理など

 

私の個人的な考えとして

社長は労働してはいけないと思います

事業が駆け出しの頃はコスト削減のために自分の労働力を投入する必要があると思いますが

ある程度軌道に乗ってきたら外部に委託すべきです

 

業務はそれが得意な人に任せた方が

自分より上手くやってくれますし

スピードも遥かに速いです

 

コスト削減のつもりで自分でやってみたが結局

仕上がりも悪く、時間もかかって外注化したほうが

割安だったなんて話は良くあります

 

日本人は真面目なので一生懸命労働しなければいけないと考えがちですが

そんな事は無いですよね

 

労働をしてしまえば考える時間が無くなります

社長にとっては労働よりも今後の事業の戦略、戦術を考える方がよっぽど大事

 

 

社長は社長にしか出来ない仕事にフォーカスするべき

社長が時給800円でも出来るような仕事をしていたら

それこそ給料泥棒ですよね

 

因みに大家さんも不動産賃貸業の社長ですよ

事業もある程度の規模になれば外注化を視野に入れる必要がありますね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング