いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

今回は築古物件の購入に関してお話をしたいと思います

安い戸建を探していると築40年以上とか

古くてボロい物件が良く出てきますよね

 

私は基本築20~30年位の割とボロ過ぎない物件を購入しています

でも築40年以上のかなり古い物件も所有しているんですね

 

ここであなたにも注意して欲しいポイントがあります

 

築古の物件を購入する時ほど

出口戦略は意識して購入した方が良いです

 

私は普段物件購入する時にその物件の土地値はあまり気にしません

物件の資産価値はほとんど無視して買っています

 

なぜなら私の場合は物件価格の相場を把握していて

必ず相場以下、買った値段以上で売却できる価格で買っています

 

また融資に関しては資産価値が低くても信金、信組、公庫などで

リフォーム費用を含めたオーバーローンが出ているので

そこまで資産価値を意識する必要が無いんですね

 

でも築年が古い物件を購入する時は

土地値、資産価値を意識します!

 

なぜなら築古の物件は正直上物の価値はほとんど評価されません

残り何年住めるかと言ったレベルだと思います

 

そのような物件を買って数年稼働させるわけですが

築40年の物件を買って10年稼働させれば50年

 

こうなると売却の際にこの築年数がネックになって来る訳です

田舎の土地の価値も無くて、築年が50年の物件であれば

売却が相当困難になります

 

上物の価値も無ければ土地の利用価値も無いので当然ですね

 

ただ上物の価値が無くても土地としての価値が生きていれば売却が出来るわけです

なので築年が古い物件程立地は意識したほうが良いですね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング