いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

以前にお話ししていた民泊物件近くの所有者不明の空き地

 

 

謄本を上げても所有者に辿り着くことが出来ませんでしたが

所有者不明土地の特別措置法で活用しようと

所有者不明特別措置法

役所に問い合わせをしたところ役所の捜査で所有者が判明しました

 

そしてその所有者さんは早速土地を売りに出されていたので

その仲介業者に交渉をしたんですね

 

私は買い取るか駐車場として借りるか検討したのですが

あまりコストはかけたくありません

 

仲介業者に売値を聞いたところ

200~300万位ではないかというので

話になりませんでした(^^;

こんな値段であの土地を買いたい人はまずいないと思います

 

そこで「駐車場として貸してもらえないか?」

業者に売主に聞いて欲しいと問い合わせしたのですが

返答無し

 

業者のレスポンス悪すぎなので自分で所有者にアプローチする事にしました

幸い役所から所有者の住所の開示があったので、

まずは手紙でアプローチ

 

私は字が超絶汚いので

字のキレイな奥さんに手紙をしたためてもらいました。

 

手紙の内容は

「空き地の草刈りなどの管理はこちらで行うので売地が売れるまでの間

、駐車場として利用させてもらえないか?」

と言った内容を丁寧に文章にして送りました

 

因みに手紙を送る際ですがワードで作成した手紙を送るよりも

手紙の手紙の方が圧倒的に反響は取りやすいと思います

(今回は失敗しましたが・・・・)

 

しかし待てども待てども返事がきません

そこで今度は住所を元に電話番号を突き止めました

 

そして電話をしてみたんですね

私「駐車場としてお借りしたいのですが・・・」

所有者「駐車場として貸してしまうと売却に支障が出る可能性があるので駐車場としてお貸する事は考えていません」

私「(200~300万であの土地を買う人は一生いないと思いますけど・・)心の声」

 

チーン

 

こんな感じで空き地の取得には失敗しました。

 

そこで実は向かいの土地も空き地なので法務局に行って要約書を入手し

同じように手紙をしたため送りましたが、こちらは宛先不明で手紙が戻ってきてしまいました

謄本上の住所を元に電話もしましたが

「この番号は現在使われておりません」

 

「う~ん。厳しい」

 

こんな感じで駐車場の確保は難航しております(^^;

しかし手はまだありそうなので色々試してみますね

進捗あればまたブログで報告します

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング