いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

投資用の戸建を探していると残置物がモリモリの物件ってよくありますよね

↑私が購入した残置物物件の1例

 

私は残置物を値引きの交渉にも利用したりするのですが

(残置物はコチラで処理するからその分安くして下さいって感じですね)

 

今後その残置物処理がエライ事になるの知っていました?

「値引きの材料にする」なんて悠長な事言ってられなくなりますよ

 

先日リフォーム業者さんと電話で話をしていたら

こんな事を言っていたんですね

 

「2021年に法改正があって、それ以降ゴミの輸出に制限がかかる

日本は今までゴミ処理は輸出に頼っていたので産廃業者のゴミ処理価格は高騰しますよ」

 

私「本当っすか?」

 

そんな条約全く知りませんでした

と言うよりも日本がゴミ処理を輸出に頼っているなんて事も知りませんでした

 

自分の無知がお恥ずかしい

 

グーグル検索してみると

その条約の名前は「バーゼル条約」と言うそうです

 

今までは中国が廃プラスチックなどのゴミを引き受けていたそうですが

中国が2018年から輸入禁止に

その後東南アジアの発展途上国に発展国のゴミが輸出されていましたが

 

2021年からこの条約が施工され

東南アジアへのゴミの輸出がストップするそうです

 

そうなるとゴミ処理を輸出に依存していたアメリカや日本の

ゴミ処理に大きな問題が生じるという事なんですね

 

でも発展国が発展途上国に自国のゴミを押し付けるなんて話が

そもそもどうかと思いますよね

 

自分のゴミ位自分で処理せい

って感じ

 

クリーンなイメージの日本が自国のゴミを発展途上国に押し付けていた事実もまたショックです

 

リフォーム業者さんの話では輸出できなくなったゴミを自国で処理するため

そして分別などがより厳格になるので

その分の人工もかかりゴミ処理価格が高騰するという話です

 

今まで残置物モリモリ物件を率先して買っていただけに

この産廃物の価格高騰は私の戸建投資にも影響がありそうです

 

しかしピンチはチャンス!

 

残置物モリモリ物件のライバルがもっと減るぜ

逆にこの問題を解決できればビジネスチャンスになりますね

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング