いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

私のブログの読者さんから

こんな質問を受ける事があります

 

「戸建投資をしようと思い物件検索していますが

私が対象としているエリアでは平成築で利回りが15%も狙えるような物件はありません」

確かにそのようなエリアもあります

基本的にそのようなエリアは土地値が高く、物件の資産価値が高い事が多いです

 

なので私が投資している田舎のエリアのように利回りが出なくて当然です

利回りと資産価値は反比例します

 

 

利回りが高くなれば資産価値は下がる傾向がありますし

資産価値を求めれば利回りが下がる傾向があります

 

ですから利回り、資産価値の両方を見て

トータルで判断する必要があります

 

別に利回りが低くても資産価値が取れていれば

売却時にキャピタル(売却益)で利益を取れる可能性は十分にあります

 

また資産価値が取れている物件というのは担保価値が高くなります

なので融資を引く際にその物件を共同担保に入れる事で融資を受ける事も出来ます

田舎の物件を買う時よりも使える金融機関の幅も広がるでしょう

 

なので利回りだけでは判断できません

 

利回りが高い物件、資産価値が高い物件それぞれに利点があるので

自分に合った投資対象を選んで

その投資対象にあった戦略で投資をしていく必要があります

 

自分の戦略と合っていない場合は

エリアを変えるにも一つの選択肢です

価格帯や希望の投資法と合わないと判断した場合は

私もコンサル生にエリアの変更を進める事あります

 

エリアの特徴を理解し投資エリアを決めるようにしましょう

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング