いつもブログをお読み頂きありがとうございます(^^)

 

不動産で利益を出す方法は簡単に言うと

「安く買って、高く売る」

これに尽きます

では安く買って高く売るにはどうすれば良いかというと

参入障壁の高い物件を買って

参入障壁の低い物件として売る

 

例えば

参入障壁の高い物件としては全空のアパートなんかがあります

なぜ参入障壁が高いのかというと

まず全空なのでまず融資が付きづらい

 

ですからこのような物件を購入するためには

キャッシュを多めに入れるか

実績の豊富な大家さんでなければ銀行は融資してくれません

 

また全空のアパートの場合リフォームや客付けをするために

かなりの時間と労力がかかります

そのため多くの投資家が購入を見送るので

安く買いたたきやすいんですね

 

ですからリフォーム費用込みで考えた場合でも

相場よりもはるかに安く購入する事が出来ます

 

そしてその安く仕入れた物件を綺麗にリフォームして

満室にして売りに出す

 

リフォーム済みであれば物件の魅力はかなりアップしますし

満室なので融資付けもしやすいです

何より購入する人は苦労なくすぐに賃料収入を得る事が出来ます

 

そうすれば相場以下で購入した物件を相場価格で売りに出せるので

その分の差益が抜ける訳ですね

 

このように言ってしまえば簡単ですが

素人が容易に真似出来る事ではありません

 

なぜならリフォームする際もリフォームのノウハウや相場観が無ければ

「安く買ったつもりが修繕がかかり過ぎて利益が出ない!」

なんて事もあります

 

また客付けのノウハウがなければ満室にする事もできないでしょう

 

なので全空の再生案件はどちらかと言えば

投資上級者向きと言えます

 

ただ物件購入時に「参入障壁」という言葉を意識して物件を探すようにすると

相場よりも安い物件が見つけやすくなりますよ

 

最後までお読み頂きありがとうございました(^^)

 

↓こちらをポチっとして頂けると大変励みになります!

不動産投資ランキング